橋梁補修・補強設計

橋梁補修・補強設計

例名称 設計内容 状況
鋼トラス橋の耐震補強設計

・橋梁全体系モデルによる地震時動的応答解析
・最適な制震デバイスの選定(免震支承、摩擦型ダンパー、粘性ダンパー、座屈拘束ブレース)
・地震時の橋梁上部工と下部工の衝突回避検討

キットAS
キットAS キットAS
粘性ダンパー 摩擦型ダンパー

鋼鈑桁橋の垂直補剛材部の疲労き裂対策

・蛍光磁粉探傷試験、切削試験による疲労き裂の調査
・FEM解析を用いた応力度計算による補強計画
・補強前後の応力頻度測定
・補強部の疲労耐久性の照査

キットAS キットAS
疲労き裂(塗膜除去前) 補強後の応力頻度測定

RC中空床版橋の上面増厚補強とマクロセル腐食対策

・コンクリートの物性調査
・鉄筋の腐食量調査
・衝撃弾性波試験による層状剥離状況調査
・マクロセル腐食による断面修復部の再劣化への対策工法の開発・実施

キットAS

外ケーブル補強されたRC連続T桁橋の補修検討

・コンクリートの物性調査
・鉄筋の腐食量調査
・外ケーブルの一時撤去時、劣化コンクリートはつり時の橋梁の安全性照査
・外ケーブル再設置時の径、張力の検討

キットAS キットAS
桁端部 支間中央部
塩害劣化した橋梁(補修前)

鋼鈑桁橋桁端部の腐食部の補修検討

・鋼材の腐食量調査
・補修範囲、工法の計画
・部材取替え時の橋梁の安全性照査
・仮設補強部材の設計

キットAS キットAS
腐食部分切断撤去 新規部材取付け

エクストラドーズド橋主塔近傍の横風緩和柵の構造検討

・横風緩和柵の構造案の策定
・風洞実験による効果確認と実施案の決定
・現地での柵設置前後の風速等の計測のよる効果確認

キットAS キットAS
模型による風洞実験 現地での効果確認

△トップに戻る